薬学部

氏 名 テーマ キーワード アジア研究対象地域・国
亀井浩行 教授 1.精神障害者に対するスティグマに係る研究
2.精神疾患患者におけるアドビアランスに係る研究
1.精神疾患
2.スティグマ
3.アドビアランス
1.香港・中国
2.シンガポール・マレーシア・フィリピン
高谷芳明 准教授 アジア地域の薬用植物に含有される薬理活性成分 1.薬用植物
2.薬理活性物質
1.ミャンマー
2.中国など
野田幸裕 教授 ストレス社会において増加している精神疾患(うつ病、統合失調症など) 1.東洋伝統医薬品
2.精神疾患
3.遺伝的背景
1.中華人民共和国・台湾
2.大韓民国
鍋島俊隆 教授 1.高齢化社会で社会問題化している疾患(アルツハイマー病)
2.ストレス社会において増加している精神疾患(うつ病、統合失調症など)
1.東洋伝統医薬品
2.高度経済成長に伴う精神疾患
1.中華人民共和国・台湾
2.大韓民国
平松正行 准教授 生薬成分等の抗酸化、抗老化物質に関する検討 1.生薬・漢方薬
2.抗酸化物質
韓国
間宮隆吉 准教授 高齢化社会で社会問題化している疾患(アルツハイマー病) 1.東洋伝統医薬品
2.高度経済成長に伴う精神疾患
1.中華人民共和国・台湾
2.大韓民国

アジア研究センター所員一覧にもどる